再生エネルギーの固定買取制度

 平成24年7月1日より「再生可能エネルギー固定買取制度」が始まりました。
この制度では太陽光発電を設置した場合には、1kWhあたり37.8円で買い取りをしてくれます。住宅用太陽光発電(10kW未満)では余剰電力を10年間、非住宅用太陽光発電(10kW以上)では全量を20年間、電力会社の買取が固定されています。 自然エネルギーの利用を普及させるためできるだけ高く買い上げるようにしているので、「再生可能エネルギー固定買取制度」の始まった今、太陽光発電を設置すると設置費用を早期に回収することが可能です。

買取り価格・期間について

 平成25年度の買取価格は上記の通りです。 買取価格は基本的に年度ごとに見直しが行われますが、一度売電がスタートした方の買取価格・期間は当初の特定契約の内容で「固定」されます。買取期間は、特定契約に基づく電気の供給が開始された時から起算します。

◆買い取り方式:10kW以上は全量買取方式ですが、余剰買取方式も選択可能です。

◆各地域の経済産業局に設備認定申請の手続きが必要です。

◆買取期間のカウントは、供給開始時点からとなります。

◆2013年度の買取価格(37.8円/kWh)の適用を受けるためには、接続契約に係る申込みの書面を電気事業者が受領した時、または国の設備認定時のいずれか遅い時点が2014年3月末までであることが必要です。

Copyright© 2013 Solar Kit All Rights Reserved.      お見積り、お問い合わせはお気軽に TEL:027-395-4848