ソーラーキットで遊休地の有効活用

 ソーラーキット(野立て用太陽光発電システム)は、荒地や空き地、山林、転用許可の出た農地などの遊休地に設置することが可能なため、空いている土地の有効活用が可能です。将来的に土地を活用する予定がある場合でも、元の状態に回復することが可能な設置工法のため、将来もとの土地として活用することも可能です。

 荒地や空き地にソーラーキットを設置することで、大変有効な資産活用が可能となります。

再生可能エネルギー固定買取制度がスタート!

 平成24年7月1日より「再生可能エネルギー固定買取制度」が始まりました。 この制度では太陽光発電を設置した場合には、1kWhあたり37.8円で買い取りをしてくれます(平成25年度現在)。住宅用太陽光発電(10kW未満)では余剰電力を10年間、非住宅用太陽光発電(10kW以上)では全量を20年間、電力会社の買取が固定されています。 自然エネルギーの利用を普及させるためできるだけ高く買い上げるようにしているので、「再生可能エネルギー固定買取制度」の始まった今、太陽光発電を設置すると設置費用を早期に回収することが可能です。

Copyright© 2013 Solar Kit All Rights Reserved.